2006年12月29日

ストーブリーグ。

YOTSUYAの梅ちゃん卒業とか(涙
posted by ふろ〜 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ベスト5?功労賞?

オレンジさんのチーム内でのベスト5なんだよ、きっと。

オレンジさんのチーム内での功労者なんだよ、きっと。

posted by ふろ〜 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

華がある。

carezza.jpg
某所より勝手に拝借しましたが・・・・

カッコイイなオイ!!

posted by ふろ〜 at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

何やんの?

え〜、何これ何これ〜。

芸能人女子フットサル サポーター感謝祭(仮)
1月20日(土)大田区体育館
出場チーム:TEAM dream/carezza/XANADU loves NHC/FANTASISTA/YOTSUYA CLOVERS/ASAI RED ROSE/蹴竹G/南葛YJシューターズ/chakuchaku J.b/Team Good


何やるのかわかりませんが、土曜開催ってのはありがたいです。
(オレンジさんとミスマガさんはいないみたいだけど)
休み取ってなんとか行きたいな〜。

てか、何のアナウンスもなく今週末チケ発売って^^;
posted by ふろ〜 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

まだ考えまとめてなかった。

あ〜そうだ、例の投票今日が締め切りだったんだ。

「あんなの投票する意味ね〜よ・・」
と思ってる方多いことかと存じますが、まだ投票されてない方、スフィアを総括する意味でもぜひ投票してみてくださぁい(ペコリ

ま、あのチームがFINALで決勝まで進んだから、こないだの結果よりさらに差が開くんだろうけど。
posted by ふろ〜 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリさんおめでとう。

ども。
カレンダーは07年11月で固定なふろ〜です(謎

浦和J初制覇!!
浦和について書きたいことは山ほどあるんですが、語りつくせないので先日のスフィアFINALについてw

正直(僕にとっての)最悪のハッピーエンドにならなくてよかったです。
そうなると、結局あのチームがリーグを引っ張ったとか、例の投票が真っ当な評価であるように見えちゃいますから。

んでは、トーナメントを戦った主要4チームについてちょろっと。
・ザナさん
初優勝おめでとうございます。
ミカリ・小由里が直接ゴールに絡むのではなく、チャンスメークに近いプレーをすることで他の選手の得点を引き出してました。
自陣内でミカリ・小由里が相手ボールを奪ったあとのMANAMIや田代の動き出しに迷いがなく、相当練習してきたあとが見えましたね。
中でも田代のプレーは非常に効いていて、積極的にゴール前に顔を出すし、守備もすごく粘り強いのなんの。
たまに淡白なプレーが出ますが、選抜経験前とは明らかにプレーの質が違います。
あのザナで1stセット(いわゆるフルメンバー。スタメンみたいなものね)を勝ち取っている実力は本物ですわ。

・オレンジさん
確かに守備は良くなった(というか、ようやく約束事の徹底ができた?)。
例えば右サイドを切ったとき、相手が左にかわすところを狙うとか。
そういう守備連携とパス回しの際の動き出しに関しては素晴らしいと思う。
ただね、全試合無失点といっても寸前のところでなんとか凌いでる形だし、攻撃についても明らかに迫力不足でした。
藤本なんかはドリブルが上手くなっててかなりキープ&突破できてたけど、以前のようなどこからでも打ってくる怖さはなくなってた。
手詰まりなときの是永頼みも通用するレベルではなくなってきているし。
てかあの新ユニ、個人的にかなりかっこ悪いと思います・・・。

・ドリさん
総合優勝おめでとうございます!
FINAL優勝で決めたかったと思いますが、この結果は立派です。
ザナ戦での失点は2点ともすばらしいプレーだったのでしょうがないです。
ダイヤモンド型でのパス回しは大安定。
課題は宇津木が相手に抑えられたとき、または出ていないときに少し落ち着きがなくなってしまう点と、先制されたあとに逆転する爆発力ですかね。
高本は緩急をつけたプレーを身につけ始めて、どこまでいくのかと楽しみになりますw
てかたかもっちゃん、なんでゆりかご?w
しかも動き激しすぎじゃなかった?www

・カレさん
う〜ん、キャプテンが気負ってるのが痛いほど伝わってきた。
特にザナ戦で先制されてからはまともに試合見てられなかったなぁ・・・。
こないだ大崎での練習試合を見てるけど、チームとしてはFINALでは実力を半分も出せなかった感じ。
練習試合では小島へのピヴォ当てから、左右のアラが飛び込むパターンが非常に機能していただけに、今回の結果は非常に残念です。
カレは、クリアランスからワイドに張った選手に出し、そこから(ピヴォに当てることを優先に)パスをつなぐというのがパターン。
しかし、ザナが前から積極的にプレスに来たこともあって、繋ぎが上手くいかなかった。
もっと素晴らしいプレーできるのよ?あの子たち・・・(涙
posted by ふろ〜 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

仕事〜。

恋サルで投票の最終中間発表があったっぽいすね。
名古屋は放送ないんで確認できてませんが、依然としておかしな結果になってるんかな・・。
まさかゴレイロ逆転してるとかないよね?(汗

追記。
ギクッてしてる人もいて気になったんで、がんばって携帯で調べてみたw

・・・・なるほど。
さらにおかしな方向に進んでもうたな。
プレーの魅力は完全に度外視ですか、そうですか。
posted by ふろ〜 at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

We are reds? J.b?

ども。
さおりんが「ダブルとも」と言おうとして、「ダブルモカ」とボソッと言ったのを聞き逃さなかったふろ〜です。
いや、ストライプです(謎

というわけで、J.bサポの集い行ってきやした。
参加選手は梢子さん、あじゃさん、早織さん、知美さん、モカさん、沙矢香さん。
いないのが秀加さん、令美さん、

・・・・・・

ん?

・・・・・・

・・・・・・

影山さんいてないやん!

・・・・・・

あれ?

・・・・・・

・・・・・・

影山さんいてないやん!(もういい

うん、やな予感はしてた。
だって関東リーグ2ndステージの開幕日だもんね(あくまで推測だけど
なんか最近東の方へ行く度に凹んで帰ってきてるような気がします(涙
風水的なものか?w

いや、でも楽しかったですよ♪
知美さん、モカさんの「ダブルとも」はえらいテンション高くておもろかったしwww
FINALに向けての意気込みも聞けたんで、楽しんだあとは精一杯のサポートですね。
サポの皆さん、30日は頑張りましょ〜。
僕は夜勤明けでがんばります^^;


今日は大根を焼いてみよぅっ
~~{{[〃]}}-o('ウ^*)

お願い、関東リーグの取材行ってたって書いてよw
じゃないとさぁ(涙
posted by ふろ〜 at 20:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

高本さん。

高本彩さん・・・あんた魅力的すぎる!

昨日はあらためてそう感じました。

観客にダイレクトに伝わってくる感情表現。
プレイヤーとしても、見るたびにレベルアップしてファンを驚かせる。
彼女はスフィアリーグの選手として理想形なのかもしれないっすね(^^
posted by ふろ〜 at 18:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

チャレンジカップ。

こそっと行ってきやした。
赤坂カワユ(ry
posted by ふろ〜 at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

また僕の赤坂株が上がった。

ども。
赤坂の気合いに涙が出そうになったふろ〜です(マジ

5thのことを書こうと思いましたが、今日は久々にクリニック参加するんで更新できない(^^;
というわけで、取り急ぎ簡単に個人的ポインツを。

・四谷対ガッタス戦、朝倉からの落としを高田が決めた四谷の2得点目(朝倉のキープからスルーパスまでの一連の動作が素敵)。

・カレッツァ対ファンタ戦の後半頭くらい、誰だったかのシュートをすばらしい反応でストップした赤坂のファインセーブ(ストップした後の叫びも素敵)

・またもや一人置いていかれる影山さんwww
「あれ?みんなは!?」と焦っているところもカワユ(ry

影山さんには手紙のお礼をしたかったんで、少しだけでしたが話せて良かった(^^
posted by ふろ〜 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

赤坂がんばれ(何

ども。
最近Podcastで「サンズレインボーキッス」を聞き始めたふろ〜です。
サンズのタレントはみんなトークがしっかりしてておもしろいなぁ〜。

さてさて、明日はいよいよスフィアリーグ5thステージですね。
最近のカップ戦等の活躍で、J.bさんがリザーブだってのが信じられないっすわ^^;
無事昇格できるよう応援してきやす。

あ、そうだ。
前に新ルールについて書いたとき、ちょっと勘違いしてたことがあったんで訂正。
「ゴレイロからのスローがハーフライン越え禁止になったことで、どれだけのチームが後ろから繋げられるのか疑問」という感じのことを書きました。
これはクリアランスのときだけね。
流れの中でなら、パントキックが増えると思います。
パントキックからの展開の方が、ロングスローよりもっと大味な展開になる気がするんだけど・・・。

個人的にはつなぐフットサルを目指しているカレッツァに優勝してほしいです。
posted by ふろ〜 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

新ルール。

ども。
若槻千夏は、番組中若手芸人並に声が出てると思うふろ〜です。

山本早織さんのブログで、スフィアリーグ新ルールについてさらっと書かれとります。
全員ださなきゃいけない、そして一度は交替しなきゃいけない
まぁゴレイロはいいらしいんだけど

これは前から言われてた9人出場制ルールですね。
さらに特定の選手が出ずっぱりってのもダメみたい。

ゴレイロから手でハーフライン以上投げたらダメなんだって

某蹴○対策?

コートもちっちゃくなるとかならないとか 
ゴレイロのエリアが狭くなるんだったかな
よーわからんゎ

かなり適当ですがw
コートサイズも変わる可能性があるってことですね。

とまぁ、9人制以外にも結構変わるってことですね。
クリアランスに関しては、グッドウィルカップの結果を受けての変更でしょう。
でもこの変更、ちょっと危ないような気がするのは僕だけっすかね。

クリアランスルールについては、グッドウィルカップのような大味な展開を避けたいとの意向だと思う(ことにしています)。
そうなると、当然自陣からパスをつないで攻撃する技術が要求される。
でも各チーム守備力はかなり上がっている状況なだけに、どれだけ自陣から組み立てられるかどうか心配になるんですよね
さらに、同時に9人制ルールが適用されるため、(層が薄い)チームによってはクリアランスからのつなぎが難しくなる可能性が出てきそうです。
てかそれ以上に、ようやく蹴竹のような(パワー重視のプレーという)個性が出てきたのに、これを消してしまうようなルール改正なのが納得できない。

まぁなんだかんだ言っても始まらないんで、当日この改正がどのような結果をもたらすか見守るしかないっすね。

(あんまりこんなことは言いたくないけど、某オレンジチームにとってはかなり有利に働く改正だと思います)
posted by ふろ〜 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

サポート。

ども。
仲間由紀恵のau勧誘に揺れ動いているふろ〜です。

10/17休み確保!
代わりに来週いっぱい夜勤続き、8〜10日の3連休も休みは1日のみ(汗
まぁ平日に休みもらうわけだからしゃあない^^;
ってことで、当日はトップ昇格に向けてがっつりサポートです!


ついでに5thの話題も。
スフィア公式サイトが久々に更新され、当日は色々な企画が用意されているとのこと。
その内容を文面からわかる範囲で弄っていこう。

・スフィアリーグの歴史を辿る写真展
写真を見ながら過去の大会を振り返るのも、またオツなもので。

・ブースを設置して、各チームからステキなファンサービスが繰り広げられる!
今までは限られたチームのみ物販などで交流できましたが、それ以外に何かやるってことでしょうかね。
これは僕の実体験なんですが、せっかく物販に選手が来ても熱心(?)なサポの方々がいるとなかなか会話ができないんですよね。
選手とサポ仲間さん達で盛り上がっている中には、非常に入りにくかったりします^^;
そういう意味では、新規ファンも気軽に参加できるような形式になればいいかなと思います。

・すべてのスフィアリーガーが運動会さながら各チームカラーのハチマキを着用
これは明らかに迷走。

・「ポジション別ベスト5」などの投票
個人的に投票ものは好きだったりするので、楽しみです。
当日悩まないように、過去の大会振り返らなきゃいけないかw
ただサポーターの絶対数で偏ってしまわないようなルール作りをお願いします。
(芸能人だから人気も重要なファクターだけど、実力や色んな要素を兼ね備えた選手を選びたいし、他のサポさん達にも選んでほしい)


試合だけでなく、会場全体で楽しむような雰囲気を作りたいんでしょうかね?
すごくいいことだと思いますが、数々の諸問題(噂の新ルールやレフェリー問題など)を同時にクリアしていって欲しいっす。
posted by ふろ〜 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

疑惑。

ザナの一件で審判問題が浮上してきたわけですが、僕は以前からスフィアリーグに関係するレフェリーの技量には疑問を持っていました。
(どちらかと言うと、審判問題よりもザナが途中で帰ったことが騒がれてますが^^;)

例えば、コートからボールが出たときに、毅然とした態度ですぐにジャッジをしない(手を上げない)レフェリーが何人か見受けられる。
さらにマイボールを選手がアピールしてから手を上げる場面が目立つ。
明らかなミスジャッジも多い。
あんなんやられたら、誰だって不信感を持つし観戦していても納得できない。
今回ゴール判定がハッキリしなかったという話を聞いたけど、試合を決定付ける場面で、今までもあった中途半端なジャッジが出てしまったってことでしょうね。
ミスジャッジは起こってしまったらしょうがないので、審判団は説明責任は果たすべきだったと思う。

お台場のコートは狭い分、レフェリーの早めの判断が必要とされるので難しい面もあった。
しかし、それならばもっとレベルの高いレフェリーを加えるべきだった。
(なかなか確保も難しいとは思いますが)

今年スフィアリーグは2節残っており、幸い次回開催までに時間がある。
それまでに、なんとかレフェリー問題を解決してもらいたい。
posted by ふろ〜 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

ベネワ〜ン。

とりあえず、昨日の楽天カップの感想。

エキシビションは、FANTASISTA、南葛YJシューターズ、CAREZZA、chakuchaku J.bの4チームでのトーナメント戦。
今回使用したコートはかなり広め。
冒険王のコートより広いのはもちろんのこと、普段のスフィアより大きかったと思う。
広いコートをちゃんと使えたチームとそうでないチームがあったような気がした。

以下が結果。

・一回戦
FANTASISTA 1 対 0 南葛YJシューターズ(得点:かりん)
CAREZZA 0 対 0 chakuchaku J.b(PKでJ.b勝利)

・3位4位決定戦
南葛YJシューターズ 0 対 0 CAREZZA(PKでCAREZZAが勝利)

・決勝戦
FANTASISTA 0 対 0 chakuchaku J.b(PKでFANTASISTAが勝利)


チーム別感想。
・南葛YJシューターズ
YJは松原を欠く厳しい布陣。
どうやら練習試合で仙骨(骨盤のあたり)を骨折したようで、松葉杖をついてました。
彼女がいないYJは攻め手を欠き、吉川のロングに頼らざるを得ず、単調なプレーが続く。
そんな中でも、野崎なかなか光るプレーを見せていた。

・CAREZZA
こちらも小島をケガで欠き、さらに井本、富田、ふるも不在という状況。
そのため、基本的に長谷川がアラ、ますきがピヴォに入っていた。
小島、富田がいないため、なかなかパスがつながらない。
長谷川が反転からの突破を何度か見せたが、結局2試合無得点。
しかし、一回戦のJ.b戦はスピーディーな展開が続いた好ゲームとなっており基本的な部分では他チームに負けていないのだ。
何かのきっかけひとつで変わると思うんだが・・・。

・chakuchaku J.b
4チームの中では一番『チームとして』連動していた。
選手全員が守備時の約束事をしっかり守ってるし、攻撃のイメージを共有できていたように思う。
今回はあじゃの大活躍が目立った。
決定的場面を何度かファインセーブ、さらにPK戦でも2本ストップ!
観客、放送席へのアピールもありw、たくさんの人に覚えてもらったと思う(爆
あと特筆すべきは、丸居ちゃんの更なる成長。
ボールタッチのうまさにプラスして、落ち着きが出てきた。
相手のチェックにも慌てず、しっかりキープできるようになったのは、大きい。
さらに何度も右サイドからの突破を見せ、観客を沸かせていた。
今後、J.b浮沈のカギを握る選手だろう。

・FANTASISTA
お台場での勢いをそのままに、タイトル獲得。
やはりなんと言ってもかりん!
結構遠めからでもシュートが枠に飛ぶので脅威。
この日は佐々木がピヴォに入り、2枚でガンガン攻めていた。
しかし、この2人でのゴリ押しが若干多いような気がする。
確かに2人とも相手をかわすテクニックがあるが、もっと連動した攻めを見たい。
posted by ふろ〜 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

交流。

2BOX目はそれほどいい引きじゃなかったです^^;
今後はショップやオクで欲しいの集めたいと思います(謎

カントリー娘。のビバ!フットサルより、あさみの更新。

今までのあたしは他のチームの子達とは「ライバルだから・・・(。-`д-)ケッ 」とあまり話すことも無かったんです。
 でも、選抜に選ばれて一緒に練習することによって、良い意味での「ライバル」になりましたね☆ そして、みんなとも仲良くなれました!
 お互いにいい刺激をもらいながら、これからも他のチームと試合が出来そうです!!
 あと、他の試合のときでももっともっと楽しく出来るんじゃないかなぁ〜とも感じました♪
 いろんなことをたくさん学べた練習&試合でした(´・Å・`)bネ☆


そう!そういうことなんだよ!(てか、あなたもそういう考えだったか・・)
「真剣勝負、敵だから仲良くしない」ってのは勘違い。
自分達で壁を作って、色んな可能性を狭めちゃってることにもっと早く気付いてほしかった。
他チームと交流することで、得られる物ってたくさんあるんだから。

ガッタスさんみたいな雰囲気のチームは、大会の空気を引き締める意味でも必要なのかもしれない。
でも、あまりにも極端すぎるよ。
先日のグッドウィルカップのTV放送でも、実況席に座った辻さんがJ.bの印象を聞かれて、何も答えられなかったのはすごく残念だった。
もう何度も激闘を繰り返してるチーム同士なのに・・・。
スフィアリーグだけ考えても、1年間戦って何も残らないのは悲しいよ。

今回カントリー3人の選抜参加をきっかけに、なにかガッタスも変わってくれればと思います。
posted by ふろ〜 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

出費。

care_tra.jpg
買っちゃったよ(爆
posted by ふろ〜 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細木数子はキライだけど。

ども。
「渋谷駅から徒歩1分」という店を発見するのに30分以上かかったふろ〜です。

今晩19:00「ドスペ!「細木数子の緊急大予言4」にJ.b、カレッツァ、ザナのメンバーが大挙出演〜。
どの程度の露出になるかわかりませんが要チェックですよ。

今日はカレッツァトレカ発売やな。
出かけるついでに早速買いに行くか(何
posted by ふろ〜 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

また焼けた。

第2回お台場チャレンジカップ観戦してきやした。

スフィア選抜の結果は優勝。
めでたいですが、大会全体のレベルは決して高くなかった。
選抜とタメを張るチームは2、3チームで、他はスーパービギナー、ビギナーくらいのランクでした。
まぁそれでも準決勝なんかは終始押されまくった上でのPK勝ちだったので、いい経験にはなったと思います。


それでは個人選手評。

1 赤坂さなえ
苦戦した準決勝ではファインセーブを連発、PK戦でも2本ストップするなど、優勝に貢献。
指示の声もしっかり出ていた。

2 小島くるみ
ケガの影響もあったのか、らしくないプレーが目立った。
これまでの選抜のゲームで見せたキャプテンシーが見られず、声もあまり出ていなかった。
何か自信を喪失しているんじゃないかとさえ思えたので、メンタルが心配。

5 マッキー
決勝ではFKを直接叩き込み、貴重な追加点をゲット。
フィクソとしての安定感もすばらしく、前に出るタイミングと判断も良かった。
キックの技術がすごく向上していて、インステップキックの精度とキック力は目を見張るものがある。
普段は山口を中心としている自チームの事情もあり目立たない存在であるが、スフィア上位クラスのプレイヤーに成長しつつある。

6 長谷川桃
1得点は記録したものの、物足りない内容。
(得点シーンのきっかけとなった守備は非常に良かった)
以前まで出していたうるさいくらいの声が全然出ていなかった。
このあたり、カレッツァで結果が出ない一因なのかもしれない。

7 是永美紀
2得点の活躍。
しかもドリブル突破からの強烈なシュートということで持ち味を発揮した。
決勝で顔面を強打し負傷退場したので、その後の状態が心配される。

8 青山愛子
彼女の危機察知能力、守備に入るタイミングは相変わらず素晴らしく、何度もチームを救うプレーがあった。
守備時の鉄則である「自分から仕掛けない」点が徹底されてるのが良い。
しかも守備一辺倒ではなく、惜しいミドルシュートも放っていた。
怖いパスミスが何回かあったけど、スフィア屈指のフィクソであることを証明した。

11 西田美歩
完全に前に張るピヴォとして出場、ポストプレーで持ち味を発揮。
落としの感覚と正確さはすばらしかった
ただ、前からの守備などその他の面では見劣りする場面が見られた
ミスマガはあまりポジションチェンジをするチームではないので、その辺りで戸惑いもあったかもしれない。
この選抜での経験を今後にいかしてほしい。

15 阪本麻美
目立たないものの、随所に光るプレーを見せ、ミスも少なかった。
恥ずかしながら、最初顔を見ても誰かわからなかったので、過去の試合をチェックしてみた。
なるほど、「秀でた特徴がないことが特徴」の選手だったのか。
特筆したものはないものの、全てにおいて確実なプレーが期待できる。
今後注目してみたい。

16 田代さやか
正直、他の選手と比べてプレーは見劣りすると思っていたが、ガムシャラなプレーで存在感を見せた。
特に前からの守備がすばらしく、相手を自由にさせなかった点が評価できる。
ピッチ内、ベンチ両方でよく声が出ており、ムードメーカーとしても貢献。
ただ、西田と同様技術面では物足りない部分が多い。
今後の成長に期待。

17 富田麻帆
厳しい守備で、相手チームの攻撃を寸断。
彼女の武器である左右両足からのミドルシュートも何度か見られた。
コーナーからのボールをダイレクトにシュートする形は、もっと精度を上げれば相手にとって脅威になるはず。
それにしても、スフィアには良いフィクソがたくさんいるなぁ。

18 山本早織
出場時間は短かったが、豊富な運動量でアピール。
1対1の場面でドリブル勝負するなど、攻撃意識が高かった。

22 伊藤雅子
準決勝の赤坂の活躍で印象は薄くなったが、彼女も好セーブを連発。
決勝では決定的な場面を何度もストップした。
ベンチからも声を出してチームをフォローしていた。

23 中村摂
何度もチャンスを迎えたのだが、GKの好守やポストに嫌われた。
シュート精度とともに、アラにはたくときなど若干パスの正確性に欠けるので、その点を修正してもらいたい。


総括。
結果的に4試合無失点というだけに、守備はすごく集中していた。
マークの確認は全員でできていたし、ゴレイロからも声が出ていた。
しかし、攻撃面に関しては不満が残る。
今大会での4得点は、すべて個人の力で取ったもので、2人3人の関係での攻撃があまりなかったのが残念だった。
パス出せばなんとかしてくれるだろうっていう雰囲気があって、パスの出し手、貰い手とも雑な点があったのは否めない。

ただ、決勝では
富田→西田が落とす→山本(だったと思う)シュート
というすばらしいシーンがあった。
せっかく張るタイプのピヴォがいるんだから、こういう場面をもっと増やしてほしい。
次回第3回も見に行く予定なので、すばらしいゲームを期待したい。
posted by ふろ〜 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 女子フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。